제목   |  [4/16](生活)「春バテ」って何? 작성일   |  2021-04-06 조회수   |  91

 

 

「春バテ」って何?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が咲いて、だいぶ春らしくなってきましたね。春はやっぱり気持ちがパッと明るくなります。花粉症がつらい日もあるけれど……。

でも、季節の変わり目ってなぜか体調を崩してしまいがち。最近は、冬から春にかけての体調不良のことを「春バテ」と呼ぶそうです。「夏バテ」じゃなくて、「春バテ」? どういうものなのか、早速調べてみました!

 

春バテの症状

「春バテ」の症状としては以下のようなものが挙げられるそうです。

  • 体がだるい
  • 昼間も眠気が続く
  • 肩こりや頭痛が悪化する
  • 訳もなくイライラしてしまう

何となく思い当たる節がある症状ばかりです。で、なぜこんな症状が起こるのでしょうか?

春バテの原因

冬から春にかけては、一年の中でも特に寒暖差が大きく、日中はコートが要らないくらいの陽気だったのに、夜になると一気に冷え込むことが珍しくありません。それに、春といえば新生活が始まる季節でもあります。

春特有の寒暖差によるストレスや、新生活で生じる変化によるストレスで、自律神経の働きが乱れやすくなるのだそう。

では、春バテを防いで元気に春を迎えるにはどうしたらよいのでしょうか?

春バテを予防するには

春バテを防ぐには、気温差による影響をできるだけ避けることが重要なようです。そのためには、まず体を温めて血流をアップすることが肝心。血流がよくなると副交感神経が優位になり、乱れた自律神経の改善効果が期待できます。

その結果、きちんと熟睡できて疲れがたまりにくくなるので、昼間の眠気も改善されて体調が整うという好循環が起きるそうです。お風呂に入って体を温めたり、適度な運動をして血流をよくするのがいいのですね。

多くの人にとって新しい1年が始まる春。体調を整えて元気いっぱいスタートできるように、春バテに気を付けましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://halmek.co.jp/qa/594

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

1. 寒暖差(かんだんさ):気温の

2. 好循環(こうじゅんかん):ある事柄がよい状態を生んで、それがまたよい結果につながり、好ましい関係が繰り返されること。

3. 熟睡(じゅくすい):ぐっすりとよく眠ること。

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기