제목   |  [1/21](文化)結婚式のマナーについて 작성일   |  2021-01-13 조회수   |  71

結婚式のマナーについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式では、招待状の返信・服装・ご祝儀に特に気を配りましょう。

招待状の返信マナー

・期日までに返信

返信ハガキが届かないと新郎新婦は気を揉みますし、具体的な準備のスタートが遅れてしまいます。

招待状が届いたら、期日まで余裕があっても2・3日中に返信ハガキを投函してしまいましょう。

仕事の都合などですぐに返事ができない場合、電話で連絡していつ頃になるか知らせます。

結婚式での服装マナー

女性は一般的にドレスで出席します。マナー違反にならないドレスを選びましょう。

・白・個性的すぎる色柄は避ける

結婚式の主役は花嫁です。花嫁以外が白を身につけてはいけません。黒っぽいドレスの場合、お葬式のイメージにならないよう、アクセサリー・小物で華やかに演出します。

また、視線が集まるような個性的な色・柄・デザインも、花嫁より目立ってしまうので失礼です。

・昼と夜での違い

ドレススタイルは時間帯によってマナーが違います。

夜は多少の露出・キラキラ素材はOKですが、昼であれば露出控えめで光る素材はNGです。

ご祝儀のマナー

ご祝儀は「食事代」「引き出物代」に「お祝い」を足すという内訳で考えます。

「食事代15,000円」「引き出物代5,000円」という金額の場合のご祝儀の一例をご紹介します。

新郎新婦との関係性を考慮し、友人ならお祝い10,000円でご祝儀30,000円、上司などの立場であれば、お祝い10,000~30,000円でご祝儀は30,000~50,000円が相場と言えます。

祝儀袋は金額に合わせたものを選びます。基本的にどの程度の金額用か商品に明示してありますので、確認して買ってください。

祝儀袋の水引は結んだらほどけない「結び切り」、何度あってもおめでたい「蝶結び」は結婚祝いには使いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://haa.athuman.com/media/japanese/culture/894/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

1. 水引(みずひき): 祝儀や不祝儀の際に用いられる飾り。

2. 結び切り(むすびきり) : 二度とあってはならない・一度きりにしたい場合に用います。結婚、弔事、病気・災害見舞いなど。

3. 蝶結び(ちょうむすび):何度も結びなおせることから、「何度あっても嬉しい」という想いが込められており、出産・出生・進学などの慶事(お祝いごと)に用います。

 

 

인쇄하기