제목   |  [3/12](血液型)日本人はA型が多いけど、世界で一番多い血液型は? 작성일   |  2021-03-05 조회수   |  377

日本人はA型が多いけど、世界で一番多い血液型は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、中学時代の友人たちで集まったとき、一人の友人が「ねえ、みんなの血液型は何?」と言い出しました。

なんでも、その友人は最近アルゼンチンに旅行していたとか。友人によると、アルゼンチンではO型の人が一番多いと観光ガイドさんが言っていたらしく、数日間旅行している間に、「なんだか血液型って、その国の人の気質に関係あるような気がした」とのこと。

 

日本人にはA型が多いと聞いたことはありますが、他の国の血液型については気に掛けたことがなかったワタシ。どの血液型が多いかでその国の気質みたいなものが作られることってあるのでしょうか? そこで、世界で一番多い血液型について調べてみることにしました。

一般的な血液型とは「ABO式血液型」

現在世界で使われているABO型の血液型が発見されたのは、1900(明治33)年のことなのだそうです。発見したのは、オーストリアのカール・ラントシュタイナーという研究者。血液型の違いが発見された当時は、A型、B型、C型で分類していましたが、C型はA型とB型が持っている抗原をどちらも持ち合わせていない型だっため「持っていない=0(ゼロ)型」となったようです。その「0(ゼロ)型」がやがて「O(オー)型」と呼ばれるようになり、「ABO式血液型」として世界に広まったのだそう。

 

日本人の血液型の割合は?また世界全体での割合は?

日本の血液型の分布は、A型が38.2%、O型30.5%、B型21.9%、AB型9.4%(2013年)なのだそうです。ほぼ、4:3:2:1の割合ですね。ただ日本の場合は、A型が多いとはいえ、O型とB型もある程度の割合があるため、多様性にも富んでいるといわれているようです。

 

調べてみると、日本と同様にA型が多いのは、フランス、ドイツ、ハンガリーなど、B型が最も多いのはインドとなっています。O型が多いのは、アメリカ、ケニア、オーストラリア、スコットランドなど。中南米は特にO型の比率が高く、なんと驚くべきことに、コロンビアとベネズエラではO型が100%! O型の人しかいません。世界的に見るとO型が多い国が一番多く、A型、B型がそれに続く結果となっています。

 

というわけで世界で一番多い血液型は、O型ということがわかりました! 地域によって血液型に偏りがあるのは、そこに最初に住み着いた人間たちの血液型がそのまま起因していると考えられています。

 

血液型の性格診断はアジアだけ?

中学生の頃は、血液型で占う性格診断が流行していたものです。A型の性格といえば、真面目で優しくて気配りが利く、それに几帳面などといわれていますが、実際はどうなのでしょうね。血液型の性格判断には科学的根拠はなくて、印象批評的なものだそうです。

 

ちなみに、血液型の性格診断があるのはアジア圏だけとか。大人になった今となっては、A型とかB型とかの話題でキャーキャー盛り上がっていた中学生の頃がちょっと懐かしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://halmek.co.jp/qa/398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기